瀬長の宇宙人陰謀論考察

思考盗聴(サトラレ)について

更新日時:2017年10月12日

サトラレとは他人に自分の考えている事が伝わってしまう人のことを言います。この単語の元となったサトラレという漫画では、サトラレである里見健一が、半径10mから30mの範囲内で、自分の考えていることが他人に伝送されてしまう様子を描いています。

自分の身に起こっているサトラレの現象ですが、まず、半径30mなんて小さな範囲ではありません。それこそ日本全国に自分の考えていることが伝送されているのではないかと感じています。また、漫画のサトラレでは思考していることのみが伝送されるようですが、実際にこの環境に身を置くものとしては脳内で描いているイメージ、例えば回想している時や何かを想像している時など音声や映像情報が伝わっていると考えています(体感としてそう感じている)。また、現在聞いている音楽やどんな行動をとっているかまで伝播している気がしてなりません。この記述については別のページで後述する集団ストーカーと結びついてきますので、併せて読んでいただけたらと思います。

サトラレツイート1

サトラレツイート2

この2つのツイートは、僕がまだサトラレ状態を自覚していない時につぶやいたものです。生活や仕事をする上で当時から何かしらの違和感を感じていました。ここで言う加害者とは他人に自分の思考が伝わってしまっている迷惑な現象を示唆したものです。

思考盗聴は実現できている

盗聴とは読んで字の如く盗み聞きをすることですが、思考盗聴とは他人の思考を盗んで見ることを言います。サトラレの現象や思考盗聴をありえないと考える方は大勢いると思いますが、実はこの思考盗聴を行う装置、50年前から研究が進んでおり現代テクノロジーでは容易に他人の思考を読み取るまでになっているようです。詳しくは特許US3951134 脳波計測で米国より1976年に遠隔でマイクロ波を人間の頭部に照射して、脳波を計測できるという特許が公開されています。また、日本では特開平2-232783号でNTTが思考を解読する特許を取っています。この特許では人が思考する際、声には出さないけれど、言葉を脳内で発しながら思考する仕組みを利用した解読方法を行っています。脳内で言葉を発すると、特定の脳波が計測できるようです。例えば「ありがとう」と脳内で唱えると、「あ」「り」「が」「と」「う」と5つの脳波が読み取れるようです。読み取った脳波を繋げれば、何を考えているのか分かるということです。

リアルタイムで考えていないことまで伝わっている!?

僕が最も危惧していることは自分が思考していないことまで伝わってしまっている可能性が高いということです。もし、この他人に思考や五感が伝わってしまう現象が第三者によるものだとしたら、思考や五感情報をリアルタイムで改竄して伝えることができるのではないでしょうか。そう思う理由については電子書籍に詳しく書こうと思いますが、簡潔に周りの態度を見るとそう感じるのです。リアルタイムに自分の思考が伝わっている人に対して、如何わしいことは何も考えていないのに何かを思いついたかのように「気持ち悪い」と呟かれたりしました(サトラレの症状は伝わる人といない人で完全に二極化します)。別段職場内で嫌われたりすることはありませんでしたが、前の職場では3人からそんなことがありました。文章で伝えるのは難しく、自分でも統合失調症の症状ではないかと疑心暗鬼に陥るくらいです。サトラレの症状と統合失調症は相性(?)がよく本当にそのような現象に遭っていたとしても全て病気として片付けられてしまいます。前の職場であったことを少しお話しましょう。表題について周りに自分が考えてもいないことが伝わっていると感じて、自分の先輩に送ったメールです。

相談
文面を確認してもらえると分かると思いますが、自分が意図しない他人を傷つける思考が伝播している気がしてならなかったのです。メールを送った後に、電話でも思っていることを全て話しました。先輩がこの文章を読むことはないと思いますが、あの時は相談に乗ってもらい本当にありがとうございました。サトラレは改竄された思考情報も周りに伝わっていると考えています。

思考盗聴(サトラレ)は宇宙人によるもの

思考盗聴(サトラレ)の現象が第三者による加害活動によるものならば、いったい誰がそれを行なっているのでしょうか。一説によると某宗教団体や富豪、はたまた公安警察にまで千差万別なのですが、僕はこの現象を引き起こしている犯人は宇宙人ではないかと考えています。上でも書いていますが、思考盗聴は現代技術では可能ですが、五感の情報や思考を改竄して伝えることができること、場所を問わず大多数の人間に一斉に思考を伝播できてしまうこのテクノロジーは現代の技術では無理だと考えています。

PV: 064186