瀬長の宇宙人陰謀論考察

僕の人生の沿革

更新日時:2017年9月30日

ここでは僕のこれまでの不可思議な体験をした人生の沿革を時系列に沿って書いていきます。

幼少期一度だけ命の危機がありました。詳細は電子書籍にでも書きます。
小学生一度だけポルターガイストに見舞われる。本棚に収まっていた辞書が落下する。考えてみればこの時から宇宙人の干渉は始まっていたのかもしれません。
中学生原因不明の他人にくしゃみなどのアレルギー症状を出させるPATM体質になる。
高校生ネットストーカーによるデジタルなストーキングが始まる。
一浪声がかすれて出なくなる症状を発症する。
専門学生サトラレの症状が発症。でもこの時は自分がサトラレだなんて気づいていませんでした。
22歳サトラレの症状とPATMは相変わらず継続。職場で使っているパソコンの監視が始まる。
24歳アメーバピグで恐らく加害側である宇宙人とゲームを通じて接触する。
25歳メディアの仄めかしが始まる。
26歳集団ストーカーが始まる。親の勧めで精神科を受診し、統合失調症と診断される。同年、身体中が何か意思を持ったピクピクする症状を発症する。使っているガラケーやタブレットを遠隔操作される。
28歳サトラレの症状が悪化。考えていないことが周りに伝わっていると確信し、職場で小さなトラブルが起こる。
29歳摂食障害と社交不安障害を発症する。

簡単に表にしてみましたが、それぞれの事柄は詳細に記事に書こうと思います。書き次第リンクを貼り、ページの遷移が便利に行えるようにしますね。

PV: 080875