瀬長の宇宙人陰謀論考察

全人類の脳(記憶)は宇宙人の監視下にある

更新日時:2017年11月16日
電子書籍に書いたので、コメントアウトしました。

人間の記憶は脳と別の場所にも保管されている?

個々の記憶は個々の脳にあることは周知の事実ですが、では脳が死んだら記憶は全て無くなってしまうのでしょうか? 僕はそうは思いません。何故なら記憶は脳以外に別の場所に管理、保存されていると思うからです。以前、アンビリバボーでやっていたことを話します。

エベン・アレグザンダーは脳神経外科の世界的権威である。彼は死後の世界は否定派でしたが、2008年11月に背中のひどい痛みと頭痛を皮切りに昏睡状態となり、病院に緊急搬送された。病名は緊急細菌性髄膜炎で1000万人に1人しか助からないのだという。昏睡状態は6日目になり、病院では家族や友人達が最後を見守ろうと駆けつけた。幸いに生死のタイムリミット間際で、目が覚めて生還した。その後、エベンは入院中の自分の状態を隅から隅まで調べ、自分の脳が完全に活動を停止していたことを知る。エベンは生死をさまよった際に死後の世界を見たという。しかし、医学的には脳にダメージがあり活動を停止している状態では幻覚を見ることは不可能であるという。

脳の活動が停止している状態で別の情報が脳内に残るということは記憶は脳以外の別の何処かに記録されていることが考えられるのではないでしょうか。エベンは言います「記憶が脳によるものだという考え方が全てではない可能性もある。意識を生み出し、記憶を形成するものが他にある可能性もある。何かは分かりませんが、それを追求していくことがこれからの科学を研究課題になっていくでしょう。」

エベン・アレグザンダーについては検索機関を利用することにより色々な情報が入ると思います。

宇宙人に五感や記憶は管理されている!?

前項のように、もし記憶が別の何処かに保管されているとするならば、それを管理する者があったとしても不思議ではないと考えます。考察になりますが、もしテクノロジー犯罪で思考情報を読み取ったり(思考盗聴)、遠隔で痛みを伝送したりできるのは五感や記憶を管理している何かに干渉して起こっているとは考えられないでしょうか。

PV: 058537