瀬長の宇宙人陰謀論考察

他人にくしゃみなどを引き起こさせるPATM

更新日時:2018年12月14日
PATMは宇宙人が関係のある可能性もあるので、それをログとして残そうと思います。その前にこの病気の詳細や自分が発症した経緯と考察を書いていきます。

PATM とは?

PATMとは原因不明で認知度が低く、医療機関では正式な病名と認められていません。そのため治療法も確立しておらず、発症したら寛解しにくい厄介な病気です。PATMの症状は省略字(People (are) Allergic To Me)の通り、周りが自分に対してくしゃみや咳、鼻水、目のかゆみなどアレルギー反応を示させます。

PATMにはにおいを発する有臭PATMとにおいのしない無臭PATMに大別されます。有臭のPATMは形容し難いにおいを発するようですが、よく焦げ臭いにおいやおばあちゃんの家のタンスのにおい、膿栓やコケのにおいがすると言われています。

自分のPATMになる経緯

自分が発症したのは中学三年生の時です。しかも有臭PATMだったので、その辛い日々を現在進行形で送っている経緯でも書いていきます。最初はその予兆として中学二年の時に自分の口臭なのか、周りの皆んなが鼻を手で覆ったりこすったりしていたので、何か自分が異臭を発しているのは気付いたのですが、口をつむいでも現象が変わらなかったので鼻息から異臭が出ているのだと分かりました。

呼気から発している何かにネットがようやく繁栄しようとするその時代ではまだこの病状の情報は得られなかったです。当時は周りが咳やくしゃみをすることはありませんでした。放って置いたら時期に自分が発するにおいも寛解するのだと思っていました。ところが月日が経つにつれてにおいがどんどんキツくなっているような感じがし、とうとう中学三年生の時に周りが咳やくしゃみをするPATMの症状が出始めました。

PATMの現代医学

PATMは周りが咳、くしゃみなどアレルギーなどの症状を出すと上記に述べた通りですが、その影響を及ぼす範囲は10m以上にもなります。学生の頃、体育館で前列に自分がいるのに館内後部にまで咳のオンパレードになることもしばしばありました。それどころか窓を締め切った車を運転中、10m以上離れた通行人や壁越し、ガラス越しの人が反応することも多々あるのです。自分にも経験がありますが、これはPATMの患者さんを数十人と見てきているお医者様が話している情報です。更に細かく述べますと、PATMは10m離れていようが至近距離だろうが、その距離に違いはなく双方に一瞬で刺激物質が届くのです。どうやらそんな物質は医学的にありえないので医師は後述する波動によってアレルギーの症状を出させているのではないかと発言している方も数人いらっしゃいます。

PATMは宇宙人が関係している可能性もある!?

五味クリニックのサイトにPATMの症状は「波動」が原因ではないかと言う書き込みがありました。

http://www.gomiclinic.com/oldlog2/lg0360.html
今回は、記載しようか非常に迷いました。 なぜなら、今回の話題は私の理解力の限界を超えているからです。
医師(院長先生)がこのような前置きをして書いていらっしゃるので、やはりPATMは普通の病気ではないのだと感じます。波動の話をしましょう。PATMに悩む人間が「咳やくしゃみをされたらどうしよう。臭いと思われたらどうしよう」と考えたとします。すると脳波(波動)が他人の脳に伝染し、くしゃみを誘発させたり、においとなって伝わったりしてしまう可能性が無きにしも非ずと説いていらっしゃいます。思考盗聴や五感の伝播、サトラレの状態って外部の何かが脳に作用して起こっていますよね。もし、PATMも外の何かに脳の電気信号をいじられて引き起こされているのだとすれば、10m以上も離れた人に反応されたりするのも納得ができます。
PV: 064211