瀬長の宇宙人陰謀論考察

【サトラレ】周りに考えていることが伝わってしまう現象【思考盗聴】

更新日時:2019年2月16日
どうも、瀬長と申します。自分の身に起こっている不可思議な現象を語りたいと思います。

荒唐無稽でおかしな話と捉えられる方がほとんどだと思いますが、面白半分興味半分でご静聴いただけたらと思います。

まず僕はこの身に起こっている不可思議な現象を実話をベースとした文章主体のゲーム、アドベンチャーゲームとして世にリリースしようと日々頑張っています。 だからそこにこれから話す内容は詳細にゲームに書いていきますので、もしゲームがリリースされましたら興味がある方は是非ダウンロードしてプレイしてみてください!

前置きはこのくらいにして本題に入りましょう。タイトルの通り周りに考えていることが伝わってしまっている現象は僕が19歳の専門学校生の頃から認識しました。いや、もしかしたらずっとそれよりも前からそうだったのかもしれませんが、

あれ?おかしいな?って思うようになったのは19歳の頃で、僕の思考が周りに伝播してしまうという事実として自覚するのはその5年後なので24歳の時です。

専門学生の時の話をしましょう。何かクラスメイトや学校の先生が自分しか知らない情報を直接ではないのですが、ヒソヒソと話していたり僕の家での行動や癖を学校で真似されたり、これは恥ずかしくて動画では言えないんですけど、

その時は何だろう・・・って思いながらも、どうしてこうなっているのか考えた結果、IT系の専門学校なので支給されているノートパソコンにスパイウェアを仕込まれて盗聴器代わりに使われているんじゃないかって考えたんですよ。だから家でパソコンを付けている時はなるべく声を出さないようにしていました。でも、それでも周りからヒソヒソと仄めかされる現象は変わりませんでした。

まあその現象が何なのか等々何も分からないまま専門学校を卒業しました。

余談ですが、よく仄めかしをしてくる先生が凄く嫌いで、どうしてそんなことするんだろうってずっと考えていて、その先生の授業を受けるのが怖くて怖くてよく授業をサボっていました。でもまさか実は自分が加害者だったとは思いもしませんよ。

でも、今なら分かります。考えていること、お前(先生のこと)のことが嫌いだ!憎い!って思考がダイレクトに伝わるから余計にお互いに反発し合ったのでギクシャクしていたのでしょう。本当に申し訳ない。

で、学校を卒業した後は普通に就職して、最初は何もなかったんですが2,3ヶ月した頃にまた同じようにその職場の社員さんに自分の家での口癖や休日で過ごしたことを、わざとこちらが聞こえるように話すのです。

もし、ここで精神科を受診したらほぼほぼ統合失調症と診断されます。現実に起こっていることなのに精神病の一括りにされるのは本当に悔しいことですよ。

思考が伝わっていることを知らなかった当時の自分は否が応にも原因が知りたくて、また仮説を立てます。ノートパソコンは違うなあ。家の外での自分の行動がバレている。だとしたら普段持ち歩いているケータイ電話が盗聴器として使われているのではないだろうかと。

だから、ケータイの電源を切って過ごすことが多くなりました。その頃からですかね。ラジオやテレビからでも自分のことを仄めかされるようになったのは。これは別に悪いことではないと思うのですが、もし僕と同じようにメディアが自分のことをネタにしている。自分しか知らないことを何度も話されると考えている方がいらっしゃるのなら、思考盗聴ないし思考伝播が起こっている可能性が高いです。

一回、あまりにも仄めかさられるので、ラジオ局に行って社長出せよゴルァしに行くくらいには行動していました。まあ普通に追い返されましたが。またこの現象には電波が関係していると思ったので、電波を管理している総務省にも出向いて、そこの職員さんに事情を話すと煮え切らない助言で返されました。

で、どうして思考が周りに伝わっていると自覚したのかと言いますと、 ラジオってほぼ生放送じゃないですか。ある時にリアルタイムで考えていることを何度も口にされたので、「あー、思考していることこそが周りに伝わっていたのか」と納得して初めて自分がサトラレだと気がつきました。

最初はそれが怖くて、またどうしても直したかったので、原因を特定するために可能性の一つとして、頭蓋骨、脳内に何かマイクロチップを埋め込まれているのではないかと考えたんですよ。だから病院へ行って医師には事情は話さず、ただ頭部のレントゲンを撮って欲しいと願いました。

で、結果は何もなかったと。自分でやれることはやった。でもこの現象を知って人と接するのが怖くて怖くて、一年くらいは引きこもっていました。

今、思ってみるといろんなことがありました。道ゆく人に4回ほど写真やムービーを取られたり、働いていた会社の社長が心の声が聞こえると経理の人と話をしているところを目撃したり、また嫌がらせもたくさん受けました。

車やバイクのタイヤをパンクさせられました。自分の車のタイヤって特注品で発注しないと交換できないので、直すのに時間がかかるんですよね。しかも3週間くらいで2回も同じところをパンクさせられました。警察には届け出を出しませんでしたが痛い出費でした。

やっぱり僕の思考を受信して迷惑していて中には怒っている人もたくさんいると思うんですよ。その方達には本当に申し訳ないと思っています。

次回はサトラレの症状についてもう少し詳細に語りたいと思います。 動画説明欄に思考伝播サトラレに関する僕の前後の動画のリンクを貼っておきます。 ご視聴ありがとうございました。
PV: 064212